産後 骨盤矯正

産後の骨盤矯正

骨盤ダイエットでは、産後の方が一番気になるのではないでしょうか?産後では骨盤が開いた状態になりますので、基本的には日を追うごとに閉じては行くのですが、何らかのことで戻りが遅い場合もあります。

 

そこで産後の骨盤矯正を行うと良いのか悪いのか?というポイントがありますよね。産後では太りやすくなるというのもあります。ひと昔前は、妊娠中は食べなさいと言われたのですが、今は体重管理もされるようになってきたので、必要以上に太ってしまうこともないようです。ただし食べすぎにな注意してくださいね。

 

問題は、骨盤が開いてしまったことによって、リンパや血流が圧迫されてうまく流ない事によって新陳代謝が低下して太りやすい体質になってしまう事です。そこで骨盤を矯正すれば、リンパや血流の流れが良くなるので、新陳代謝が向上して、消費量が増えるので太りにくくなります。もちろん摂取するカロリーよりも消費するカロリーが多ければ痩せやすくなりますね。

 

ただし矯正する場合には無理はしないようにしましょう。無理をしすぎて体を痛めたりしたりしないようにしましょう。ですので無理な矯正をするよりは少し緩めから入っていったほうが良いかもしれませんね。無理なくやっていくと良いでしょう。

 

そうした事を考えると、ベルトで矯正するよりも、ガードルなどの下着に近いもので矯正したりすると良いでしょう。矯正しながら、一休みできるときに骨盤体操をなどをしてさらに効果を高めると良いのではないでしょうか?